社会不安障害(SAD)を克服しよう
トップページ > 社会不安障害の原因と治療 > 社会不安障害の原因と治療

社会不安障害の原因と治療

大脳の中心部にある扁桃体という部分が、恐怖や不安の発症と深く関わっていることが最近の研究でわかってきました。

つまりこの扁桃体の活動が高まると、不安や恐怖といった症状が現れるのではないかと考えられています。

人間の脳には、セロトニン神経とギャバ神経という神経細胞があります。

この2つの神経は、扁桃体の興奮を緩和して、恐怖症状の発現を抑える働きがあるといわれています。

ギャバやセロトニン神経細胞は他の脳の部分にもあり、脳全体の機能を調節していますが、これらの神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことにより社会不安障害(SAD)が発症すると考えられています。


社会不安障害(SAD)は、これらの神経伝達物質のアンバランスによる脳神経細胞の機能障害と考えられるため、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬などの神経機能調整薬と精神療法を併用して治療します。

社会不安障害(SAD)は早い時期に適切な治療を受けることが大切です。

 
投信